心配している女性

女性が感染することの多いカンジダですが、性器カンジダになってしまったときの判別方法を詳しく知らない人は少なくありません。カンジダの原因となる菌は女性の膣内にもともと存在していることが多く、性行動の有無に関係なく発症する可能性があります。発症したときの特徴としてチーズのような発酵した臭いがあるという話は有名なので、病気であるかどうかの判別は臭いによって行うと思っている人が多いかもしれませんが、判別方法はこれだけではありません。カンジダを発症したとき女性の症状は特徴的なものが多いので、感染していることを認識するために非常に役に立つので、どのような症状があるのか知っておくと良いでしょう。

カンジダになると白いおりものが分泌されるという特徴があり、臭い以外では特に判別しやすい症状だということができます。カッテージチーズやヨーグルト、酒粕などと形状が似ているとされていますが、白くてポロポロしているので普段のおりものとまったく様子が違っているはずです。通常時のおりものはほぼ無色透明で、さらっとしていたり多少粘り気があったりすることがほとんどですが、この病気を発症しているときはカッテージチーズのような見た目になるので、感染に気づきやすいと言えます。性器周辺の臭いで判断する人もいるかもしれませんが、それだけではなく白いポロポロしたおりものが分泌される場合は、ほぼ確実にカンジダ症であると言うことができるでしょう。

他にもカンジダを発症すると性器周辺にムズムズしたかゆみが生じるという特徴があり、特にストッキングなどを着用して下着のなかが蒸れやすいときはムズムズとしたかゆみを感じやすいです。このようなかゆみもひとつの判断基準として利用することができるので、性病の疑いがあるときの参考にすると良いでしょう。臭い以外では、おりものの状態やムズムズとしたかゆさなどから判別することができるので、感染している恐れがあるときは臭いだけではなく、おりものと陰部のかゆみもチェックしてみてください。

稀にカンジダを発症してから熱が続いているという人もいますが、これは他の病気やただの風邪が原因である可能性が高いと言えます。たしかにこの病気を発症したときに感染部位などが発熱することはありますが、身体全体の体温を著しく上昇させるほどの影響力はありません。発症と同時に熱が続いてしまうとカンジダの症状のひとつだと勘違いしてしまう人がいるかもしれませんが、高熱が出ていてもそれは他の病気が原因である可能性が高いので、熱に関しては内科などで診察してもらったほうが良いでしょう。

男性と違って女性はカンジダを発症しやすいため、ひどい症状に苦しむことがないようにするためにも病気の判別方法を知っておくことは大切だと言えます。性病は陰部やおりものから発される臭いによって判別できると思っている人が多いですが、これだけではどの病気であるか確実に判断することが難しいと言えるでしょう。臭い以外にはおりものの形状や色、かゆみなどから判別することができますので、陰部からいつもと違った臭いがするというときは、これらについても当てはまるかどうかチェックしてみることをおすすめします。

性病が理由で病院に行くことを恥ずかしいと感じる人は少なくありませんが、誤った判断をしてしまうと感染しているのに病院を受診しなかったり、感染していないのに病院に行ったりしてしまう可能性があるのです。カンジダの詳細な判別方法を知っておけばいざというときに役立ちますので、臭い以外におりものの形状や色、かゆみなどから判断することができると知っておきましょう。